水漏れは箇所の特定を第一に考える

水漏れは箇所の特定を第一に考える いざ水漏れが発生したときにまず考えるべきは被害が拡大させないことです。原因を把握していれば、しっかり対応することができます。そして、部品の緩みや簡単な故障であればその場で直せる事もあるでしょうが、全てがそのようなケースとは限りません。部品交換の場合は同じ部品を用意すれば対応が可能であるものの、見えない箇所でのトラブルである可能性も考えられます。どちらであるのかを判断すれば、余計な費用をかけることなく対応ができるようになります。同じ水漏れの修理であっても、内容によって対処法はまったく異なることを覚えておいた方がよいでしょう。

■自分でできる水漏れ修理

部品の劣化によっての水漏れの場合は自分で対応できることも少なくありません。ケレップと呼ばれる水栓コマが劣化している場合は取り外して再度固定すれば完了となります。ナットの場合も同様に取り外して新しいものを取り付けましょう。同じ部品を用意するとともに、修理道具が必要になるものの、さほど難しい作業ではありません。
吐水口と連結しているパイプの根元に異常があり、水が漏れてしまっている場合は、パイプナットを緩めてパイプを引き抜いて新しいパッキンと交換をしましょう。そして、元どおりに設置する事で完了となります。クランクナット部分から水が漏れている場合も同様です。モンキーレンチで緩めて取り外し、取り替えて装着すれば完了となります。部品の取り換えは多くの場合、ホームセンターなどで入手できるものが採用されているため、購入するのはそう難しくはありません。

■工事をしっかり行う必要がある場合
水漏れ箇所の修理で、簡単なものではなく、しっかりと工事しなければならない場合は、自身の判断で対処するのは望ましくありません。原因が突き止められない場合も少なくありません。自分でどうにかしようとして、被害が拡大してしまうこともあります。壁や床から水が漏れているというような場合は、水道管や排水管が破裂してしまっているなど、目の届かないところで問題が生じている事が考えられます。素人が判断するのは大変難しく、原因が特定できたとしても結局工事を必要とするケースがほとんどでしょう。専門的な知識がある方ならまだしも、何も分からない方が対応するのは逆効果です。また、専門業者に点検を依頼すると、問題がすぐに解決する場合もあります。点検や相談のみであれば無料で済むことがあるため、気になることがあれば相談をしてみるのがよいでしょう。トラブルを放置してしまうとほかの場所に被害が及んでしまうこともあるため早めの対応が必要です。

■水が漏れている箇所の特定が第一

水が漏れている箇所を特定し、自分で対応できるかどうかあるいは専門業者に依頼すべきかを精査したうえでの対応が必要になります。水が漏れているかどうかを調べるにあたっては、水道メーターが動いているかをまず確認しましょう。もしも水道を利用していないのに、水道メーターが動いている場合は見えないところでの水漏れの恐れがあります。原因箇所を特定するのが被害拡大を防ぐ最も重要な要素となるのは間違いありません。

■まとめ
自分でも簡単に修理ができる水漏れであるのならまだしも、専門業者に依頼しないとどうにもできない場合も少なくありません。自分では対応できない、あるいは手順通りにできないという場合はやはり専門業者に依頼するのが確実です。少しの水漏れだからといって放置していては、使ってもいない水道料金がかさんでしまうことになります。必要な修理内容はその時々で変わり、実際にどれくらいの費用がかかるかは見積もりを取らないと分からないため、いち早く専門業者に依頼すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース